教育・情報伝達における属人的要素

情報はいくらでもある。

でも、その人独自の語り口・雰囲気はネットでは与えられない。
必要なのは演劇性。
即興性というドラマの可能性。
方言・雰囲気という属人的要素が今後必要になる。

日本ノマド・エジュケーション協会の狙いは、こういった属人的要素の復権にある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中