モエレ沼公園と「参加」

モエレ沼公園に一人でいった。

イサムノグチが最後の仕事として手がけた公園。

登れる山を沼に作ってしまうという発想など、純粋に作品としても優れた公園だった。

いずれも何もないゴミの埋立地の再活用として作られたもの。

「地球そのものが彫刻である」

それを実現したのが、「彫刻」としてのモエレ沼公園である。

モエレ沼公園の模型をつくった昭和63年に死没。84歳。

モエレ沼公園は平成10年にオープン。

作品の構想を「引き継ぐ」人がいる点が素晴らしい。

モエレ沼公園内をうろつくと、「冒険」心が湧いてきた。

こういう感覚は久々である。

山に登りたくなり、

芝生を走り回りたくなり、

作品に触れてみたくなる。

このように、登る場所や潜りこむところ、自分で発見するところが多く存在する。

単なる公園ではなく、来る人の主体的行動を要請している点が興味深い。

出来合いに済まし、ただ見せるだけではなく、

見る側・歩く側の主体性を求める公園。

この主体性とは空間への「参加」participationと言い表すことが出来る。

これは公共事業や教育にも成立することだ。

エンターテインメントEntertainmentの動詞entertainは「楽しませる」。

エンターテインメントやショーは単に見せて「楽しませる」だけである。

重要なのは「参加」particiapationだ。

「楽しませ」られる客体から、

「参加して楽しむ」主体への転換が必要である。

参加による教育には「学びの共同体」はじめ、「状況学習」論からの一連の流れが存在する。

言うのは簡単だが、教育実践の場で「参加」を設計するのはなかなか難しい。

だからこそ、やりがいはある。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中