簡単に学校を作るための、ただ1つの方法。①

みなさんは「学校を作りたい!」という思いになったことはありませんか?

かくいう私自身も、

「学校とは全く違う教育機関を作りたい!」との思いに

高校時代から引きずられていた経験があります。

さて、日本においてすごく簡単に学校を作る方法が幾つかあります。

1,フリースクールを作る

自由な学び舎を作る、という方法です。

「不登校の子どもに対し何かをしたい」という人や

「自由な学び」を提供したい、という人にオススメです。

 東京シューレなど、フリースクールの大手はいくつかあります。

ノウハウを学ぶには「フリースクール全国ネットワーク」の合宿などに参加されることが近道であると思います。

具体的なアドバイスには、「登校拒否を考える親の会」など、
学びの場を求めている保護者の集まりに参加し、
要望を聞いていくという方法があげられます。

この方法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット 費用が安い/「子どものためになる!」という思いに簡単に浸れる
デメリット 顧客が少なく、経営が安定しない/確固とした経営方針が弱いため、持続性が少ない

この方法、何の方法論的・経営論的裏付けが必要ないため、
ごく安価に始められます。

顧客がいなくても始められます。
私の知っている人で「生徒が一人もいないフリースクール」をやっている人は何人もいます。

やったもんがちなのです。

NPO法人格を持つなら別ですが、
個人でやる場合なんの裏付けもいりません。

そのために子どもにとって不適切なフリースクールが登場することもあるくらいです。

丹波ナチュラルスクールの事件、覚えてますか?)

当然、すごく子ども思いのフリースクールがほとんどです。

ですが、一部には暴力・虐待が横行するところもあります(ないことを祈りたいです)。

もっと問題なのは「学校をやりたい!」「子どものために何かやりたい!」人の「善意」のみが溢れ、結局なんにもならないという事例があまりにも多いのです。

(生徒ゼロのフリースクールってどうよ?、という話です)

それでは子どものためになり、
なおかつちゃんとした「学校」を、
「ちゃんと」作るには、どうしたらいいでしょう?

続きはまた明日!

お楽しみに!

☆フリースクール設立のご相談は、こちらまで!

広告

簡単に学校を作るための、ただ1つの方法。①」への1件のフィードバック

  1. ぼんやりと学校を作りたい。そう思ってます。でも一人では無理なこともわかっていて、どうしたらよいかが分からない。自分の子供を思うと、18になるいまもまともに学生生活を送っておらず、勉強の大変さ、頑張ったあとの達成感、それより何より仲間との交流。部活だったり、学園祭だったり、修学旅行、恋だって。十代に体験したであろう事、体験させたかった。しかし年齢は関係ないとも思ってもいます。だから、やってみたいことを実現出来る環境と手助けができたならと、考えを巡らせています。いろんな事が次々に浮かんでは、それをどう具体的にしたらよいのか頭の中はいっぱいです。私には難しすぎ、あきらめた。あきらめきれない。どうしたらよいのか、独り言になってしまいました。勉強しなくては。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中