私立通信制高校のリアル②

昨日の続きです。

昨日は私の学校では「生徒と教師の関係が近い」と言いました。

教員と生徒の関わり方は、通常の学校と違います。
他の学校なら「叱る」こと・注意することも、
私の学校では極力受け入れます。

たとえば。
「人見知りで一人で教室に入れない」生徒には
毎日出迎えて「一緒に教室に行こう」といいます。

授業中にじっとしていられず、突然声を出す生徒には会話を心がけます。

何故か階段を一人で登れない生徒には一緒に登ります。

教室がうるさく辛くなった生徒には「職員室で休んでおいで」といい、
職員室まで送っていきます。

私の学校の「当り前」のことですが、周りの話を聞くとそうでもないような学校が多いです。

 (続きます)
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中