夜23:00の哲学〜ブラック企業で働くということ〜

毎日まいにち、

一生懸命仕事をしても

仕事が終わらない。

そんなブラック体質の場所で私は働いています。

まあ、仕事の量が多すぎるのが問題であって、

仕事自体は楽しい職場です。

そういう場所で仕事をしていると、

朝8:00から夜23:00まで、

週6日で働くことになります。

給料はそこそこ。

大卒にしては低いというレベルです(私は院卒だけど)。

この4月から4ヶ月ほど働いていると、

色々考えることが多いものです。

一番大きいのは、「時間」の感覚が変わったということ。

大学生・院生の頃は無駄に悩む時間がありました。

無意味に「自分は今後、どうするのだろう」と、

何もしないでいながら思い悩んでいました。

いまは悩む時間はありません。

それはそれで、「幸せ」です。

悩む時間がない代わりに、

空き時間にいろんなイベントなりブログ更新なりを

やっております。

こういった「趣味」的時間しかないからこそ、

いまは学生時代より幸せです(大変だけど)。

私がものを考えるのは23:00以降。

つまり帰りの電車です。

23:00まで働くと、家に帰るとほぼ24:00。

シェアハウスの仲間と話して、あとは寝るだけです。

(夜、あまりにも辛くて風呂に入れなくなりました。いまは朝シャンです)。

私の場合、はじめからこういう生活になることを覚悟していたので、

シェアハウスという心理的セーフティーネットを貼っておきました。

この選択、「良かった」と思っております。

なぜなら、平日に職場以外の人と会話ができるから。

そうでないととっくに「欝」になってます、たぶん。

23:00を過ぎて帰るようになると、

頭がぼーっとしています。

「プライベート」という発想が、ほぼなくなります。

それはそれで「よいこと」です。

無駄な悩みがなくなるからです。

23:00まで仕事が続くと、下手に「今日、プライベートで何しようか」

考えなくなります。悩みが消えます。

「ああ、俺は何もすることがない」という自己否定もなくなります。

こう考えると、ブラック企業というのは、

世間が思うよりも人を「救っている」のかもしれません。

「不幸」な人は、私の経験上、悩まなくてもいいことで悩んでいる人です。

ブラック企業は、「忙しさ」をタダで提供してくれます。

悩みなんて、なくなります。

「不幸」な人は、無意味に悩みます。

悩めるくらい、暇なのです。

何もすることがない無趣味な人だからこそ、

自分が「不幸」である証拠を見つけたくて、ウズウズしているのです。

だから私は思うのです。

ブラック企業でも、悪くないんじゃないのかと。

ブラック上等!、ではないのかと。

われわれは、暇な時間や「何もすることがない」時間に耐えられるほど、

強くはないのです。

いま私は人ごみあふれる札幌・大通で開催中のビアガーデンで文章を打ってます。

(一人酒です)

「みな、暇なんだなあ」、と思います。

馬鹿騒ぎする大学生。

エネルギーを発散する「何か」を見つけられていないのです。

無駄に盛り上がるサラリーマンの宴会。

そのエネルギーを会社に向けるという選択を、誰もしていません。

甲高い声で笑う、女子会。

それ以外で笑顔になれないのでしょう。

私のように23:00まで自分の時間がない人間は、

逆に何か救われているのかも知れません。

誰かが言いました、「自分がどうしようもできないことで悩むな」と。

人間、暇すぎると「これでいいいのか」と悩みます。

忙しすぎるくらいでいいのです。

ブラック企業は「たいへん」な代わりに、

「何か」をわれわれにもたらしてくれるのです。

それが私がブラック企業で学んだことです。

(たまに暇になると、とたんに不安になる、藤本研一のモノローグでした。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中