「勝手にやる」ということ

私は「奇しくも」早稲田で大学・大学院時代を過ごした。

行きたくて行った大学ではない。

「そこしか受からなかった」から、早稲田の教育学部に通うことになった。

早稲田ではなく、本当は慶應に行きたかった。
けれど、「運悪く」行く事ができなかった。

慶應は皆で助け合う。

一方、早稲田は「単独者」。
慶應と違い、群れない。

その代わり、なんでも自分で・「勝手に」やることが賞賛される。

守ってくれるものがないからこそ、自分でやらなければならない。

私は卒業して、ようやく早稲田の気風がわかった気がする。

 

団体・組織に頼るのは慶應にやること。
早稲田はなんでも「勝手に」やる。

道がないなら、道を作る。

前例がないなら、前例を作る。

自分ひとりでも、何かをやる。

 

「早稲田は何もしてくれない。
しかし、〈何か〉をしようとすれば早稲田は応えてくれる」。

よく言われるメッセージだ。

早稲田にいた間も〈何か〉をしようとしていたが、
形にするほど自分はアクティブさが足りなかった。

早稲田を出た今、もっともっと、早稲田らしさを発揮していきたい。

早稲田の精神。
それが「勝手にやる」ということだろう。

 

広告

「勝手にやる」ということ」への2件のフィードバック

  1. 歌に、「集まり、散じて」とか「学の独立」とかね。
    関係ないけど。好きなクラシックピアノを。http://youtu.be/EXS5c6TXhKo

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中