日本の人口統計を見てみよう。

日本の人口。

ざっと1億2000万人。

でも、案外日本の人口は少なかったのです。

鎌倉幕府成立時(1192) 696万人。

室町幕府成立時(1334) 818万人。

このころ、いまの東京都よりも人口が少なかったのですね。

 

江戸幕府成立(1603) 1227万人。

日露戦争(1904) 4780万人。

 

人口ピーク2004年1億2779万人。

 

そして将来予測。

2100年の人口 4800万人。

 

少なくなるようですが、日露戦争の頃と変わらないと思うと
「大したことない」と思ってしまいますね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中