週2日登校の可能性。

超エリート教育をもしやるとすれば、
いまの勤務校と同じように週1〜2日登校の学校をつくるなあ、と思う。

「学校でたくさん授業をする」と、
「学校にいる間しかたくさん勉強しない」人が生まれてしまう。

ヒマな時間が多いと、主体的意志で
「この時間をどう活用するか」とどこかで考えざるを得ない。

自分の力で考え、時間を使っていく。
「好きなこと」にとことん時間をかけ、
物事を進めていく。
その姿勢こそ、今後必要となる姿勢である。

だからこそ、周囲からは「週2日登校なんて、意味ないじゃないか」といわれようと、
この制度は「なかなか」いいものだと私は思うのである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中