「一人ひとりの声に耳を傾けます」批判〜よりよいカウンセリングのために〜

「先生が親身になって話を聞いてくれた!」

「一人ひとりの声に耳を傾けます!」

 

教育現場では、あるいは人と人とが関わる現場では、

カウンセリング・マインドが求められます。

 

しかし「聞きすぎる」ことの弊害も知る必要がある、と私は考えます。

 

社会学では「ライフヒストリー」を重視する一派があります。

一人ひとりの「語り」を重視し、その意味的世界を研究するというジャンルです。

 

しかし、「構築主義」の発想に立つならば、このことは「語らせる」ことを強要するということにもなります。

人の語りは、語るたびに新たな事実が作られます。

「高校時代さあ…」と語ることって、多いですね。

高校時代のことを話す時、その場にほんとうにいなかった人がいることになり、

その話をしていなかった人が話していることになるのです。

 

困ったことに、「語ってしまう」ことで、ニセの過去を「本当のこと」と思ってしまうのです。

 

話をカウンセリングに戻します。

 

自分を「不幸だ」と感じている人に「そのまま」語らせることは、

自分を「やっぱり不幸なんだ」と再確認させる役にしか立たないのです。

 

カウンセリングは無論、大事なこと。

でも、みんなプロのカウンセラーが「時間を決め、金をとる」側面があることを軽視しています。

「教員はカウンセリング・マインドが必要」といったり、

「カウンセリングの発想が大事」という時、「無料」「無制限」のカウンセリングが求められます。

 

私はけっこう生徒や人の話を聞くのは好きだけど、

「私ってこんなに不幸なの」話を聴き続けることの問題点も感じているのです。

 

「私って、こんなことがあって、こうだから、とても不幸なの」。

聞けば聞くほど、相手自身が「私は不幸なの」意識を高める事となってしまいます。

その問題点に自覚的であるべきです。

 

では何が大事なんでしょう?

 

おそらくは「真剣に聞く」前半と「考え方を変える」後半のセットが必要なんだろうと思います。

前半は、それこそ「カウンセリング・マインド」。

これまでのカウンセリングについての話はこの「前半」しか述べないものが多かったです。

(まあ、前半もやっていない人が多いからなんだけど)。

 

大事なのは「真剣に聞く」前半の後、相手の「考え方を変える」プロセスを後半に設置すること。

その方法は、最近勉強中の「魔法の質問」だったりするのかもしれないなあ、と考えています。

 

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4822249123/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4822249123&linkCode=as2&tag=ishidahajime-22

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中