私のノマド・スタディ①〜ミミベンDVDのススメ〜

働き始めてから、本を読んでの学習はかなり減りました。

それまでは(ほぼ)一日中、本を読む形での学習・研究をしていました。

 

それが大学院に2年いた人間にとっての、ささやかな自慢です。

 

さて、働き始めると、机で本を読むことが減ります。

でも学ばないと、仕事の質が明らかに下がります。

そのため、電車やトイレなど、「スキマ時間」での学習が必要となります。

 

この「スキマ時間」での学習という意味での「ノマド・スタディ」、

つまり「いつでも・どこでも」「机を離れて」の学習を私は主に行なっています。

 

 

私の学習のうち最大のものは「耳からの勉強」です。

ミミベンです。

 

やり方は簡単。

まずはTSUTAYAさんなどでDVDを借りてきます。

データをiPhoneに入れます。

あとはイヤホンを差し、会社への行き帰りに聞くだけ、です。

 

映像は基本的に観ません。

見ているとこけます(札幌の道はツルツルだったりします)。

 

何の努力もいりません。

ただ聞く。

それだけ。

 

それなのに、ドラッカーや歴史など、いろんな学習ができています。

 

講師は一流です。

話も雑談も、うまいです。

 

「講師」である私にとって、大変重要な学びをもらっています。

知識面だけではなく、「話し方」も学べます。

 

特に学べるのは「間」の取り方。

聴衆の反応を待つ時間の大事さを学びました。

 

自己啓発系のDVDも聞きます。

聞いていて参考になるのは、

「アタリマエのことをいかに凄そうに語るか」という手法です。

これは教訓臭くなりがちな教員こそ、学ぶべき手法です。

 

例えば「あいさつの大事さ」を、普通の教員は

「朝会ったらあいさつをしましょう」という形でしか示しません。

なぜあいさつをするのか、どのようなあいさつがいいのか、

特に示しません。

 

でも、自己啓発系のDVDで同じ事を伝える場合、

「笑顔であいさつすると、自分も元気が出ます。

あいさつをすると、自分が幸せになります。

だからあいさつをしましょう」

…大体、こんなノリの説明になります。

 

幸せうんぬんはともかく、「論理的な説明」にはなっています。

「やったほうがいいのかな」という感じを相手に与えられます。

 

そんなわけで、「アタリマエのことをいかに凄そうに語るか」という手法を、

私はDVDから学び、実践しているわけです。

 

 

話をする仕事をしているため、他人の授業の仕方から学ぶことは多いです。

ですが、学校という職場では意外に他人の授業を聞くことは少ないのです(つまんないし)。

TT(ティームティーチング)というのが流行っています。

授業の補助で別の教員が入るというものです。

その際も、個別対応に集中するため意外に授業は聞けません。

だからこそ、DVDでの語りから学ぶことは非常に多くあります。

 

このDVDによるノマド・スタディ。

一番のメリットは「安い」こと。

本は1冊1,500円なんてザラです。

DVDは1週間借りてたった100円。

 

私は毎回、100円の投資で多くのリターンを得ています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中