いわさきちひろと「子ども時代」

いわさきちひろの絵は教育関係者にとっては「おなじみ」だ。

絵本を始め教科書の挿絵など、「どこかで見た」ものとなっている。

 

そんないわさきちひろだが、意外に子どもの「笑顔」を描いていないことに気づいた。

子ども時代のイメージとして、多くの人は「笑顔の子ども」を思い浮かべる。

しかしいわさきちひろは熱中する顔や子どもの悲哀を描くことで子どものリアリティを描いている。

子ども時代や若い時代は、
思っているほどバラ色ではない。

そんな当たり前の事実をいわさきちひろの絵は教えてくれるように思う。

header2

GWなので行った、札幌の「いわさきちひろ展」の感想です。

 

いわさきちひろ展http://event.hokkaido-np.co.jp/chihiro/outline/index.html

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中