乗り物と自己の実存との関係に関する、一考察。

私は乗り物に乗るために、旅に出る。

 

別に鉄オタとか、乗りオタというわけでは、ない。

 

バスの中でずーっと本を読んだり、

景色をぼーっと見つめたり、

ひたすら寝入ったりするあの「ひと時」が好きなのだ。

 

一番なのは長距離バス。

どんな都市でも1時間してしまえばもう田園地帯か森林が現れる。

 

車窓の変化と、「静かにしていれば何をしてもいい」という自由な時間。

これがいい。

 

飲み物を片手に、ただ流れ行く景色を見る。

 

PC相手に、よしなしごとを書き綴るのもいい。

 

何をしていても、必ず目的地には着く。

あの安心感がたまらない。

 

アドバイスがある。

 

基本は「一人」で乗ることである。

別に私は寂しい人間ではない。

 

ただ乗っているのが好きなのだ。

 

深夜バスは疲れるが、あれも味わい深い。

フェリーというのも、一人でウイスキー持ち込みで乗ると「グッ」とくるであろう。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中