「教員と『テキスト』」論。

最近、知人と読書会を始めました。

 

1回めは岡倉天心『茶の本』を読むという正統派・読書会です。

 

読書会を久しくやっていなかったワタシにとって、「再開」した読書会は、とってもテンションが上がるできごとです。

 

大学院生の時は、それこそ毎週のように何らかの読書会をしていました。

 

ルソーの『人間不平等起源論』も、

ブルデューの『再生産』も、

イリイチの『脱学校の社会』も、

自分の思想的背景はたいてい読書会のディスカッションで出来上がっています(たぶん)。

 

読書会には、当然ながら「テキスト」が必要です。

「テキスト」があるからこそ、話が脱線しても戻ってこれます。

 

…ところが、巷のディスカッションや議論は「テキスト」がないため「戻ってこれない!」ことが多いのです。

book

教員の仕事をするようになって、

困ったときにいつでも助けてくれる「テキスト」のありがたさに、「逆説的に」気づきました。

 

なぜ「逆説的」かというと、ワタシの勤務校ではほとんど「テキスト」を使わないからです。

 

「テキスト」のかわりに「レポート」という名のプリントを毎回まいかい用意しています。

 

「レポート」を用意しないと、「ノートが取れない!」生徒がいるからです。

(というより、そもそもノートを用意する必要はない、と学校では説明しています)

 

「これ、分かりません!」の質問に対し、

「教科書を見なさい」と言えることは、いかにラクか。

 

「お前の説明、分からない!」とのツッコミに、

「いやいや、教科書を見ればいいだろ」と返せるアリガタさ。

 

…「テキスト」という名の教科書に頼れないことで、

いかにワタシは苦労していることか。

 

でも、これは世の教員への警鐘(炭鉱のカナリア)でもあるのです。

 

「テキスト」という「絶対的に正しい!」(とされている)ものを

「あえて使わない」選択肢。

 

間違いなく、教員のスキル向上につながります。

 

「教科書を見ろ」は、教員が使えるおそらく最強の「ワザ」でしょう。

ワタシの職場は、教員のもつ最強「ワザ」を自ら封印しているのです。

 

教員的には大変でしょうが、ワタシは「説明力をあげよう」と(ケナゲにも)思うようになりました。

 

「テキスト」を使うと、授業は締ります。

余計な説明も不要となります。

 

でも、それが本当に「授業」なのか。

いまの職場に来てから思うようになっています。

 

世の中には思っている以上に「本を読めない」「文章を読めない」人はいるものです。

これ、大学院を出て、社会人になって初めて気づきました。

 

教科書の文字をたどれない人は、いっぱいいます。

そういう人を相手に「教科書を見なさい」というのは、

はっきり言うと「暴力」でもあります。

 

いまのワタシの授業の進め方。

 

レポートを配って、それに従って授業をして、

「気が向けば教科書も見てみてね」というストーリー。

 

これが「いい」のか「悪い」のか、

判断は皆さんにお任せします。

 

でも、「テキスト」の扱いについては教員として一度は真剣に考えてみる必要がありそうです(たぶん)。

教育パワーナイト、開催!

本日9/15(日)、札幌カフェにて「教育パワーナイト」を開催しました!

場所も違うため、ちょっと気分転換!

写真

今日はくじをひいてのグループごとのテーマトークの時間もあり、
いろんな話題でもりあがりました!

教育に関係する仕事をしている人もそうでない人も、
「教育」をしみじみ考える機会となりました!

次回は10/20(日)、12:00-14:00で開催の予定です!

お楽しみに!

堀江貴文・茂木健一郎『嫌われ者の流儀』小学館

大学時代からずーっと読んでいる思想家に山本哲士がいる。

イバン・イリイチをきっかけに大学院に行ってしまった私にとって、山本哲士は紛れも無く「アジテーター」である。

そんな山本哲士のいう「社会イズム」(SOCIALism)は、社会人になるまでほんとうの意味で理解ができていなかった概念だった。

社会に出て「何か」をしようとすると、必ず反発がある。
「世間」が許さない。
日本ではこの「世間」を「社会」という。

みんながみんな「社会」「人様」「世間」を気にして、やるべきことをやらない(やれない)。
気にするからこそ、「何もしない」。

 

そして日本は何も変わらない。
日本(あるいは世界)はいま「社会」が個人を抑圧する「社会イズム」に陥っている。

山本哲士の主張である。

そんな「社会イズム」を改めて実感したのが『嫌われ者の流儀』だ。

堀江貴文(ホリエモン)と茂木健一郎という現代の「嫌われ者」2人による貴重な対談。(堀江貴文の収監前の対談もある)

いまの世の中、ホリエモンくらい叩かれた「若手」も珍しいのではないだろうか。

それは「世間」を敵に回してでも、自分のやるべきことを全力でやりきった姿の現れでも、ある。

いかにして、「世間」のとらわれ(=社会イズム)から逃れるか?
そのためにはどうすればいいのか?

結局は「強い個」(=ノマド)にならざるを得ない、のだろうなあ。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4093798222/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4093798222&linkCode=as2&tag=ishidahajime-22

ロン・クラーク『親と教師にとって、すごく大切なこと』

ウォルト・ディズニー主催「全米最優秀教師賞」を取ったロン・クラークの本。

現場教員にとって役立つ知見の多い書である。

「ここぞという学習の好機がやってきたときには、決められた計画を無視したり、授業をほうりだしたりすることを恐れてはならない」(77)

「規律のために利用できる一時しのぎの方法はいろいろあるが、長期的な結果を生む最高の方法は、先生をがっかりさせたくないと生徒たちに思わせることだ」(81)

「すぐれた教師の最高の特質は、いつも自分の授業から何かを学びとれるということだ」(95)

「子育てにおける苦闘の半分は、子どもに自信をもつよう教えることにある」(157)

「整理整頓をするというのは、まったく単純で常識的なことであることのように思えるが、子どもたちの多くには異質な考えなのだ」(199)

 

私は、あんまり教員による「教師論」は好きではない。

あんまり役に立たないし、自己満足の内容が多いからだ。

しかし、たまに読みたくなる。

自分の行動が正しいのかどうか、客観的基準のないのが教員業だからである(そしてこれはすべての営業職の宿命でもある)。

教室では、常に「単独者」として教員は生徒と向き合う。
営業の際、「単独者」として顧客と向かうのと似ている。

ダメな人は参考物がないから永遠に学びがない。
だからこそ、似た立場の人物の著作が「鏡」として必要になる。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4794213867/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4794213867&linkCode=as2&tag=ishidahajime-22