平安貴族はデジタル恋愛?

平安時代と聞くと、
「都で貴族がまったりと恋に浮かれながら国を治める」

…そんなイメージがある。

平安時代貴族(男性)は、ちょっとウワサの美人に対し、
果敢に和歌を送り、想いを歌った。

相手からの返信を心待ちに待った。

相手にその気を感じると、
深夜「夜這い」をかけて、
相手と結ばれる。

3日連続で通うと「婚姻」、
そうでなければ単なる恋人。

 

 

・・・、あれ、これって、ものすごく現代的じゃん!

 

ちょっとウワサの相手にメールやSNSでメッセージを送り、
相手からの返信を心待ちに待つ。

相手にその気を感じれば、
とにかく会って、相手とアバンチュールを楽しむ。

3日連続で会えば「恋人」、
そうでなければ単なる友人(あるいはセフレ)。

url

考えてみると、平安貴族は1000年も流行を先取りした
「今風」のプレイボーイである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中