読書会の意義

札幌時代にやっていた読書会を、帯広でも継続している。

言ってしまえば札幌での読書会をSkypeで中継してもらい、参加している、という形。

住むには帯広はいいところ。
でも、「情報」や「創造」を得るためには札幌や東京から学ばなければ、時代に取り残されている感じがしてしまう。

そのため、この読書会、自分にとってすごく意味合いが増した気がする。

時代はどんどん変わる。
教育も変わる必要がある。

…札幌時代以上に、「自分で学ぶ」を実践していかないと。

読書会をやると、「もっと学ばないと」感が高まる。
おそらく、それが読書会の一番の良さだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中