Homeはどこにある?

Homeはどこにある?

帰省のたびに、いろいろ思うことがある。

札幌勤務時代、私の帰省は東京→関西の実家という流れをとっていた。

時間が経つに連れ、東京で会う人・関西で会う人はだんだん絞られていった。

その前の早稲田の学生/院生時代はあまり帰らなかったものの、関西周辺の知り合い→実家の順で「帰省」していた。

帯広異動後の今。

東京→関西の実家→札幌の順で動いた。

それぞれの場所に、それぞれ会う人がいる。

帰省の度に、ふと思う。

自分にとっての「Home」はどこなのだろうと。

自分の中で「Home」は、中学生までは「兵庫」であった。

高校・大学・大学院ではそれぞれ国分寺であり、新宿・早稲田であった。

札幌勤務時代は「札幌」に化けた。

では今は?

帯広半分、札幌半分。

残念ながら東京は「Home」ではなくなっている。

だいたい、「Suica」をJRに返却してしまった人間にとって、東京は改札の時点で排除されているような気がする。

しかし。

東京では3年連続で「通信制高校」をテーマにしたイベントを開催している。

社会人1年目は「私立通信制高校のリアル」(@ネコワーキング)、

社会人2年目もやはり「私立通信制高校のリアル」(ただし、シンポジウムとして開催。@デジタル・ナレッジ本社・後援:日本通信教育学会)

社会人3年目は「通信制高校が日本の教育を変える!」(@デジタル・ナレッジ本社。後援:日本通信教育学会)

年に1回であったとしてもその場にいると、知り合いが参加し、「コミュニティ」が生まれる。

自分にとっての東京の「居場所」となる。

これを考えると、定期的な「イベント」は、コミュニティに化ける可能性がある、ということである。

離れた場所であっても、それは成立する。

いい例が学術的なイベントの「学会」である。

日本通信教育学会にも、今年の11月に出れば「4年連続参加」となる。

この「居場所」たる「コミュニティ」から、私はいろんなものを得てきている(はず)。

さて、本文章の初めの「しつもん」に戻ろう。

「Homeはどこにある?」。

あちこち/定期的に移動してきた私にとって、

Homeは拡散した概念と成っている。

しかし。

仕事や「イベント」をやるたびに自分のHomeが形成される。

そんな気がする。

単なる「知り合いがいる」レベルで「Home」を感じる人は多い。

いろいろ/あちこち移動してしまった自分にとって、そういうレベルの「Home」には意味があるのだろうか、と思う。

無論、「なつかしさ」や「ここにいたんだなあ」感にひたれる「心のふるさと」的なHomeは必要である。

でも。

それを大事にすると、全く知り合いのいない場所を「Home」に変えていく力を人は失ってしまうのではないか。

私が仕事なりイベントなりで感じた「Home」は、ゼロから作っていったものである。

結論。

「Home」は「すでにある」ものではない。

自分が作り、築き上げていく過程の中に出来上がるものである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中