就職は恋愛と同じ!

書評:鈴木健介, 2011, 『就活は子どもに任せるな』中公新書ラクレ.

高校教員をしていると、就職活動のための面接練習を多く行うこととなる。
そんなわけで、私は最近、面接者役として高校生相手に面接練習をけっこう行っている。

「あなたの志望理由を聞かせてください」
「学校生活で一番頑張ったことは何ですか」

これまで私は、自分がいまの学校に「内定」を受けた時と同じ面接戦略で面接練習を行ってきた。

ただ、
自分一人だけの面接経験で練習をして、本当にいいのかな」とも思っている。

そんなわけで、『就活は子どもに任せるな』というタイトルに惹かれ、本書を手にとったわけである。

結論から言うと、【就職は恋愛と同じ】という本。
このメッセージの重要性を常に感じる本である。

「就職は結婚と同じだと理解してください。そうすると行動の仕方、アプローチの仕方が自ずから変わってくるでしょう。
「モテる人」というのは顔かたちが秀でているのではありません。「マメ」なのです。何に対してマメなのかといえば、それはもちろん恋した相手に対してです」(84)

「就職活動の下手な人は、募集をかけている会社が求めている要件を無視して、自分のメリットばかりを売り込もうとする人です」(87)

自分の好きな人に、一方的に自分の思いを伝えるだけでは相手は振り向いてはくれない。
そのためには相手について、まず知る必要がある。

(ものの恋愛本では、「彼女にしたい人の友だちを5人以上知っているか?」というチェックリストがある。入りたい会社と関わりの深い会社は一体どこか?)

その上で、相手にとって自分が魅力的(=戦力となる、貢献できる)なのはどこかを適切に、ウソなく、誠実に伝えていくことが必要だ。

誰も、自分以外に浮気をしている人と付き合いたいとは思わない。
首尾一貫して相手と付き合いたい思いを、適切に相手に伝えることが必要となる。

そのためには服装もふさわしいものとし、
言葉遣いもふさわしいものとする。

大事なのは相手への「一貫性」である。

一貫性を見る、とは、要するに、会社が求める「5つの質問」(182-185)への答えが適切かつ首尾一貫しているかということである。

①「なぜあなたは応募したのか」

②「何を訴えたいのか」

③「躍進するためには何が必要か」

④「そのためにはどうすればよいか」

⑤「あなたの話を信用してよいのか」

・・・これらに対し、きちんと答えられているだろうか。

恋愛と同じく、面接相手とのコミュニケーションのなかで、相手の求めることを察知していくのがセンラy区となる。

「面接官と話すときには、|
①応募目的がはっきりと表現されているか
②どんな人を採用したいと願っているか、企業側の目的をつかんでいるか
③採用対象者として自分が条件を満たしていることを的確に伝えているか
④面接官は、あなたが伝えようとしている「話の内容」を理解しながら聞いているか
などを、面接官の態度や返事から確認しながら続けることです」(185-186)

その上で、恋愛や結婚同様、結婚後(=入社後)の自分のビジョンが明確であることも見られている。

「基本は将来目標を明確にして就職活動に取り組んでいるかどうかになるでしょう」(186)

就活は恋愛と同じ。
幾多の恋愛本は「相手にとって受け入れやすい自分になる」ことを奨めている。
一方的に「私はあなたを好きだ!」といっても、相手が受け容れないならば、それはストーカーへの入り口となる。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4121503937/ref=as_li_qf_sp_asin_il_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4121503937&linkCode=as2&tag=ishidahajime-22

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中